TOP ビューティー 凹ませるだけ!たった30秒でできる「ペタンコお腹」を目指すエクササイズ

凹ませるだけ!たった30秒でできる「ペタンコお腹」を目指すエクササイズ

2019.02.11

あこがれのペタンコお腹を目指して、日々エクササイズに取り組んでいる方も多いのではないでしょうか。

ヨガインストラクターのyuukaさんに聞いたところ、ペタンコお腹はただ筋肉を鍛えるだけのエクササイズだけではつくれないそう。その理由は、姿勢の悪さからくる骨盤の傾きも、大きく関わっているからなんだとか。

そこで今回は、yuukaさんに、姿勢の悪さもケアしつつペタンコお腹を目指すための、1回30秒でできるエクササイズを紹介してもらいました。

 

骨盤を立てる意識を

姿勢の悪さからくる骨盤の傾きによって、お腹にぜい肉がつきやすくなるといわれています。

骨盤が床に対してまっすぐに立っている姿勢でいられれば、立っているときや歩いているときに自然と腹筋や背筋を使って姿勢を支えているので、お腹周りに余分なぜい肉がつきにくくなるのです。

まずは骨盤を整えるために、腰回り股関節周りをほぐし、腰が立ちやすい姿勢をつくりましょう。

 

「戦士のポーズ2」でお腹ケア

(1)両脚を左右に大きく開き、右足先は外側へ開き、左足先は内側へ向けます。

(2)お腹と腰を真っすぐに立てるように意識しましょう(お尻を後ろに突き出さないように意識します)。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)息を吸います。息を吐きながらお腹を凹ませて、キープします。

(4)両腕を肩の位置で左右に伸ばします。

(5)息を吐きながら右ひざを曲げ、ひざが足首の上にくる程度まで曲げていきます。

(6)このときも凹ませたお腹、腰を真っすぐに立てるように意識します。さらに右ひざが内側へ入らないように、右脚付け根から外側へ開くように意識しましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(7)5~10呼吸程度キープします。

(8)終えたら反対側も同様に行いましょう。

(9)可能であればあと1セットずつ行いましょう。

 

実際にやってみるとお腹だけではなく、全身の筋肉にアプローチしていると実感するはず。ポイントはお腹を凹ませて腰を真っすぐに維持すること。まずは1セットずつ試してみましょう。

Recommend あなたにおすすめ