TOP ビューティー ビジネスパーソン必見!失敗しない「手土産の選び方」5つのポイント

ビジネスパーソン必見!失敗しない「手土産の選び方」5つのポイント

2019.02.03

ビジネスシーンにおいて、節目のご挨拶やアポイントのときに“手土産”を持参することは少なくないですよね。しかし、そのときどんな手土産をチョイスしたらよいのか、悩んでしまうことも多いはず。

相手に喜んでもらえて、「この人と一緒に仕事したい」と思われるためにも、センスや気配りの行き届いた手土産を選びたいですよね。

そこで今回は、“ビジネスシーンで手土産を選ぶときのコツ”をご紹介します。

 

1:日持ちするものを選ぼう

出典: Velveteye/Shutterstock

お菓子や飲み物などの食べ物を手土産にするときは、ある程度日持ちするものを選ぶと良いでしょう。賞味期限日が近すぎるものを選ぶと、食べきるまでのリミットが短く、先方が困ってしまうかもしれません。

日持ちがする食べ物なら、万が一手土産が相手の好みに反していても、家族や来客に振る舞うことができますね。

また、生菓子は先方が用意しているケースがあるため、被りを避けるという意味合いもあります。

 

2:個包装のものを選ぼう

出典: Jon Ingall/Shutterstock

たとえばクッキーを持って行く場合、個包装でないものを選ぶと、開けてしまったが最後、できるだけ早く消費しなければいけなくなりますよね。

これは相手のことを考えるとあまり良い判断ではありません。

個包装のクッキーをお持ちすれば、食べたい分だけ食べることができ、食べ切らなかった場合も来客に振舞ってもらうことができます。

 

3:重さは軽すぎても重すぎてもNG

出典: kikovic/Shutterstock

手土産の重さは、軽すぎても重すぎてもいけません。

軽すぎると「良いものをもらった」という感覚が弱くなりかねませんし、逆に重すぎると持ち帰るのが大変になるからです。

適度な重さがあり、なおかつ個包装で日持ちするものを選ぶなら、やはりクッキーなどの焼き菓子がちょうどいいでしょう。

 

4:渡す相手が複数いる場合でも同じ手土産を用意しよう

出典: Roman Samborskyi/Shutterstock

迷ってしまうのは、手土産を渡すべきクライアントが複数いる場合です。

立場や役職、性別が違う場合でも、基本的には同じ手土産を人数分用意するようにしましょう。

万が一渡し間違いがあった場合、先方に失礼になってしまいます。これを事前に防ぐためにも、手土産は同じものを用意しておくのがベターでしょう。

 

5:先方のエリア外で調達しよう

出典: Mirage_studio/Shutterstock

クライアントのエリア内で手土産を調達してしまうと、食べたことのある・見たことのある手土産になってしまう可能性もあり、あまり印象がよくありません。

また、慌てて近場で用意したように思われてしまっては逆効果ですよね。

できるだけ事前に手土産を用意することは、「じっくり考えてくれたんだな」「準備してくれたんだな」と思ってもらえることでしょう。

 

手土産選びは、クライアントからの印象がガラリと変わってしまう可能性がある、重要なポイントです。

今回ご説明した5つのポイントを押さえれば、先方からガッカリされることはまずないでしょう。相手の気持ちを考えた手土産選びを心がけてみましょう!

【画像】
※ Velveteye、Jon Ingall、kikovic、Roman Samborskyi、Mirage_studio/Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ