TOP グルメ 下町神戸をモチーフにした「切り絵」の展覧会『成田一徹切り絵展』12/1-10 神戸アートビレッジセンター

下町神戸をモチーフにした「切り絵」の展覧会『成田一徹切り絵展』12/1-10 神戸アートビレッジセンター

新開地にある「神戸アートビレッジセンター」で、切り絵作家「成田一徹」の『切り絵展』が開催されます。

成田一徹切り絵展

2021年12月1日(水)~10日(金)10:15~17:00 ※12月7日(火)は休館
神戸アートビレッジセンター

神戸市兵庫区新開地5-3-14

街角・ひと・店・古き良きバーなど、下町神戸の「原風景」のような場面を切り取った「切り絵作品」の展覧会です。

神戸新聞に連載され、著書「神戸の残り香」「新・神戸の残り香」に収録した作品を中心に「約30点」が展示されます。

なお、展示作品の撮影はできません。

成田一徹(なりたいってつ)[1949~2012]
神戸市生まれ。神戸でサラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に切り絵作家として独立。BARの空間をモチーフにした切り絵をライフワークとしつつ、街の情景や市井に暮らす人々、職人の仕事など多彩なテーマで作品を発表した。著書に「東京シルエット」「カウンターの中から」「成田一徹の切り絵入門」「NARITA ITTETSU to the BAR」など多数。

期間
2021年12月1日(水)~10日(金)10:15~17:00
※12月7日(火)は休館
※最終日の12月10日(金)は13時まで
※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、開催内容を変更・中止する場合があります

場所
神戸アートビレッジセンター ギャラリー

料金
入場無料

問い合わせ
神戸市事業・イベント案内センター TEL:0570-083330/078-333-3372(年中無休 8:00~21:00)

懐かしの「下町神戸」を感じてみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
・神戸アートビレッジセンター - 公式サイト

Recommend あなたにおすすめ