TOP イベント 日本初・唯一の「ホテルに建つ公式灯台」が震災の日・1月17日限定で一般公開へ

日本初・唯一の「ホテルに建つ公式灯台」が震災の日・1月17日限定で一般公開へ

2019.01.17

2019年1月17日(木)で阪神・淡路大震災から24年を迎えました。神戸のシンボルでもある神戸メリケンパークホテルにある“ホテルに建つ公式灯台”が、1月17日(木)限定で一般公開されます。

普段はなかなか見ることができない神戸のシンボルを間近で見られる機会です。

 

■旧オリエンタルホテルに誕生した日本初・唯一の灯台

画像:PR TIMES

オリエンタルホテルの灯台は、1964年に旧オリエンタルホテルが移転した際「港町、神戸のシンボルに」と、当時の社長がホテルの屋上に灯台を設置。

この灯台は日本で初めてホテルの敷地内に建つ公式灯台として、神戸の人々に親しまれてきました。

しかしながら1995年1月17日の阪神・淡路大震災で神戸の街はもちろん、旧オリエンタルホテルも全壊。営業停止を余儀なくされました。

 

■神戸メリケンパークホテルが灯台を継承、現在も神戸のシンボルに

画像:PR TIMES

震災が発生した同年の7月7日に神戸メリケンパークホテルのオープニングレセプションで灯台は継承され、夜7時7分、777発の花火と共に点灯を再開。

その日から一日も休むことなく神戸港を照らし、安全を見守り続けているだけでなく、神戸のシンボルとして美しい港町のひとつになっています。

そんな灯台が震災の日である2019年1月17日(木)15:00~17:00に一般へ無料開放。予約も不要です。

 

ぜひこの機会に、神戸港を見守り続けてきた神戸のシンボルを、間近で感じてみてはいかがでしょうか。(文/anna編集部)

<開催情報>
公開日時:2019年1月17日(木)15:00~17:00
※雨天時決行、荒天時中止
場所:神戸メリケンパークホテル14階南側バルコニー
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
最寄駅:JR・阪神『元町駅』/海岸線『みなと元町』
お問い合わせ:078-325-8111(ホテル代表)
料金:予約不要、参加費無料

【画像・参考】
【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】旧「オリエンタルホテル」から阪神淡路大震災を機に継承した灯台 震災の日 1月17日に一般公開 – PR TIMES

Recommend あなたにおすすめ