TOP グルメ 『無料PCR検査』の実施対象が、酒類提供の有無にかかわらず「飲食店全般」に拡大されてる。店名の公表は不要

『無料PCR検査』の実施対象が、酒類提供の有無にかかわらず「飲食店全般」に拡大されてる。店名の公表は不要

神戸市が、無料で『PCR検査』を実施する対象を「酒類の提供の有無にかかわらず、飲食店全般」に拡大することを発表しました。

「感染の疑いのある利用客」に接した可能性がある従業員がおり、店舗が検査を希望すると、対象となる従業員は無料で『唾液によるPCR検査』を受けることができます。

なお、店名を公表する必要はありません

検査までの流れ
「検査キット」が送られてきて、各自で検体を採取し、まとめて検査機関へ郵送します。

実施期間
2021年11月1日(月)から当面の間 ※市内の陽性患者発生動向により終了日を判断します

対象
神戸市内の飲食店で、感染の疑いのある利用客に接した可能性がある従業員
※店舗の酒類提供の有無は関わらない
※全ての従業員を検査対象とする必要はない

感染の疑いのある利用客に接した可能性がある場合とは
①マスクなしで1m未満・15分以上接した可能性がある場合
②マスクをしていても利用客が咳き込むなど、飛沫感染などの可能性が高いと店が判断する場合

留意事項
・検査を希望する店舗の代表者及び受検者全員の検査実施にかかる同意書の提出が必要です。
・店舗での必要な感染防止対策をお願いします。
・陽性者が出た場合、保健所とともに感染防止対策に取り組んでいただきます。
・クラスターが発生した場合でも、お店の名前は公表されません。

問い合わせ
神戸市保健所
新型コロナウイルス感染症 検査専用ダイヤル TEL:078-322-6308
受付時間】9:00~17:00(土日祝は除く)
メールアドレス:kensahan@office.city.kobe.lg.jp
※「兵庫県新型コロナ追跡システム」の導入をお願いいたします。

昨年から実施されていた『無料PCR検査』は「酒類を提供する飲食店」のみが対象でしたが、より安心して飲食店を利用・営業できるよう支援するため、検査対象が拡大された模様です。

飲食店の「営業時間」や「酒類提供」の制限が全面的に解除されてから1週間以上経ち、少しずつ街中に賑わいが戻っている印象。

従業員の人がPCR検査を受けることにならないよう、きちんと対策を取りながら飲食店を利用したいものです。

Recommend あなたにおすすめ