TOP ビューティー 自分でできる!マフラーに似合う編みおろしアレンジ&マフラーの巻き方

自分でできる!マフラーに似合う編みおろしアレンジ&マフラーの巻き方

2019.01.14

冬の寒い季節はマフラーやスヌードが欠かせませんね。

寒さゆえにヘアアレンジやヘアスタイルを敬遠する方も多いと思いますが、実は冬こそヘアアレンジををすることでファッションとのバランスをよく見せることができるらしいのです。

そこで今回は、美容師の野澤 琢眞さんに、この季節の定番マフラーに似合うヘアアレンジを教えてもらいました。

 

編みおろしスタイルのプロセス解説

マフラーは首元にボリュームが出るため、ヘアスタイルはなるべくすっきりと見せてあげるとバランスが良くなります。

おすすめは“セルフでできる”編みおろしスタイル。編みおろしは難しいと思っている方でも、このやり方だったら難易度低めなのでぜひ挑戦してみてください。

出典: GATTA(ガッタ)

(1)真ん中の髪をねじってピンで髪を固定します。ねじり留めのコツは、なるべくねじった髪を薄く取り、根元の髪と一緒に下から上に向かってピンを刺すこと。これで簡単に固定することができます。

(2)ピンで留めなかった残りの毛先を2つに分け、それぞれを三つ編みにして毛先をゴムで縛ります。

(3)ピンで留めた真ん中の髪の毛先はねじって毛先をゴムで縛ります。

(4)3つになった毛先を三つ編みにして毛先を大きめの飾りゴムで固定し、全体を程よく崩したら完成です。

ゴムをきつく結びすぎると最後の崩しがうまくいかないので、なるべく緩めに固定してください。

 

編みおろしスタイルに合うマフラーの巻き方

マフラーの巻き方にもたくさんの方法がありますが、今回は先ほどご解説した編みおろしスタイルに合う巻き方をご紹介します。

出典: GATTA(ガッタ)

(1)後ろからマフラーをかけ片方を長めにしておいて下さい。

(2)長めにしておいたマフラーの先を1周巻きつけます。

(3)巻きつけた首元の部分にややたるみをつくります。

(4)巻きつけた側のマフラーの先を、たるませた首元の部分に半分だけくぐらせて輪っかの部分をつくります。

(5)(4)でできた輪っかの部分に反対側のマフラーの先をくぐらせて馴染ませたら完成です。

慣れれば簡単にできますし、安定感もありますよ。

 

今回ご紹介したヘアスタイルは、マフラーを着脱しても崩れにくいです。簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ