TOP グルメ 中央区「加納町交差点」前にある『布引ビル』の解体工事が始まってる。次は何に?

中央区「加納町交差点」前にある『布引ビル』の解体工事が始まってる。次は何に?

「フラワーロード」にある「加納町歩道橋」前の『布引ビル』が解体され始めてます。かなり大きなスペースです。

神戸市中央区布引町3-2

『布引ビル』があるのは、フラワーロードと山手幹線が交わる「加納町3丁目交差点」の海側の東です。「JR三ノ宮駅」から「新神戸駅」へ行く途中にあって、中間点あたり。

山側の隣には「イスズの山食パン」の看板が目立つビルがあるところ。

歩道橋の上から「三ノ宮駅」方面を見るとこんな感じ。奥に「神戸三宮阪急ビル」が見えてます。

ちなみに、「フラワーロード」はもともと「生田川」が流れていた場所で、1871年(明治4年)に難しい川の付け替え工事を引き受けた「加納宗七」さんの名前から「加納町」という名が来てます。

『布引ビル』は、築50年以上たつ地上10階建ての複合ビルで、上の方は「UR都市機構布引アパート」で、2階までは銀行や美容室など「テナント」が入っていました。

飲み屋やライブハウスがある「地下街」もありました。看板にレトロな雰囲気が残ってます。

「移転」のお知らせがそこここに貼られてました。昔からあるビルなのでファンも多いということかと。

すでに壁が壊されたり解体工事が始まってます。ただ古いビルだけに「石綿(アスベスト)」もあるようで、解体工事は慎重に約1年かけて計画されてます。

解体工事は、ホテルなどを運営する「プレジャーズコーポレーション」が発注しているので、跡地は「ホテル」に???

目の前の「加納町歩道橋」は撤去工事が予定されていて、跡地に新しい建物が建つ頃には、今とは全然違った雰囲気になってるんじゃないでしょうか。

Recommend あなたにおすすめ