TOP グルメ 地下街「さんちか」にある洋菓子店『ミオール KOBE』が8月末頃に閉店するみたい

地下街「さんちか」にある洋菓子店『ミオール KOBE』が8月末頃に閉店するみたい

三宮の地下街「さんちか」にある洋菓子店『ミオール KOBE』が、8月末頃に閉店するみたいです。

神戸市中央区三宮町1-10-1

『ミオール KOBE』は、スイーツ店が並んでいる「7番街 スイーツメイト」内にあります。神戸阪急側の入口を入ってすぐのところ、赤い壁が目印のお店です。

「阪神 神戸三宮駅」の改札があるほうを向くと、こんな感じ。同じ並びには、洋菓子店「ケーニヒスクローネ」や、無印良品の小型店「MUJI com(ムジコム)」があります。

反対側を向くと、隣にチョコレート専門店「ゴディバ」が、その先に「サンマルクカフェ」あるあたりです。

『ミオール KOBE』は、ヨーロッパ各地のスイーツを販売するお店で、店内には喫茶スペースも併設されています。

現在、喫茶スペースはすでに閉められていて、売店は8月末頃に閉店されるということです。閉店後は、大阪・奈良にある4店舗のみの展開になります。

ロールケーキや、チョコレートスポンジのショートケーキが人気のお店でしたが、寂しいお知らせとなりました。

8月には、さんプラザの喫茶「ティーパレス ゴンチャロフ」が営業を終了。さんちかでは「モロゾフ グラン」もお店を閉めていて、このあたりでは閉店が続いています。

◆関連リンク
・ミオール KOBE – さんちか公式サイト
・ミオール – 公式サイト

Recommend あなたにおすすめ