TOP ビューティー 携帯片手にできる!簡単すぎエクササイズで「太もも引き締め」を目指す

携帯片手にできる!簡単すぎエクササイズで「太もも引き締め」を目指す

2019.01.05

エクササイズが苦手、運動は嫌い。けれども痩せたいから情報だけはやたら調べる……そんな方なら、携帯を見ながら気軽にできるエクササイズはいかがでしょう。

『GATTA』の記事の中でも人気のある“太もも”ケア。今年こそ下半身痩せを目指したい!という方も多いのでは?

たしかに、エクササイズはきつめのものが多いですし、見慣れたものが多いのも事実。そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんに、簡単すぎて「こんなことで?」と思わず言いたくなる美脚エクササイズを紹介してもらいました。

 

内転筋を目覚めさせよう

太ももの太さで悩むとき、それが前側だったり、内側だったり、後ろ側だったりと、問題は人によって違います。けれども、太ももを太くする大きな要因をざっくり説明したとき、脚の歪みが関係するのは事実。

たとえば、ひざが真っ直ぐ前方を向いている歪みのない脚であれば、脚の筋肉をバランスよく使って歩いたり立ったりできます。だから、アンバランスに太ももが太ったり、ゴツくなったりはしにくいはず。けれど、歪んでいると使う筋肉のバランスが崩れ、脚をゴツくさせてしまう可能性がある……ということです。

そこで大切なのが、内ももを鍛えること。内ももの筋肉の内転筋は、お腹のインナーマッスルにもつながる大切な筋肉です。ここを鍛えることで、お腹から脚までが安定し、日常生活の中での脚のアンバランスな使い方からくる太もものゴツさを取り除くことを目指す土台ができます。

 

ぎゅっと締めるだけ

筆者がご紹介する方法は、拍子抜けするほど簡単です。エクササイズが嫌い、辛いのが嫌いな方は、簡単な方法からはじめるのが得策です。

(1)仰向けの姿勢で寝ます。両腕は頭上に伸ばしても、スマートフォンを見ながらでもOKです。

(2)両脚をぴったりと閉じ、足の甲を伸ばします。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)息を吐きながら、お尻の穴、会陰(えいん)に力を入れて引き締めます。力一杯、締めましょう。

(4)同時に、下腹部、太ももの内側に力が入るのを感じます。下半身全体を力一杯引き締めて、脚全体は、足の指先の方向へ引っ張るようにします。

(5)これ以上無理だと思うところまで引き締めて長く保ち、一気に脱力します。

(6)3~5回繰り返しましょう。

 

内ももを引き締めるほかに、骨盤底筋を鍛えることも期待できる、とっても簡単なエクササイズです。

ごろっと寝転がり、スマートフォンを見るタイミングでできるので、ぜひ試してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ