TOP グルメ 神戸市に提出する「申請書」などの『押印』が原則廃止へ。行政手続きのスマート化に向けて

神戸市に提出する「申請書」などの『押印』が原則廃止へ。行政手続きのスマート化に向けて

神戸市に提出する「申請書」などへの『押印』が、実印の押印が必要なものを除き、原則廃止されるそうです。

去年の11月に「押印の見直し基準」が定められ、市民や事業者の負担軽減・利便性の向上のため、計2,161手続きのうち、1,941手続きで『押印』が廃止されてます。


※国の法令や外部機関の定めによるものを除く

現在は、153手続きで押印廃止の検討が進められ、残りの67手続きは『押印』が行われますが、社会情勢などを見ながら、他の代替手段も検討していくということです。

国の法令・外部機関の定めによって『押印』が求められているもの(1,018手続)については、国の対応などに合わせて、順次、見直しが行われます。

「スマート自治体」の実現に向けて、今後も、神戸市では行政手続きのスマート化が進められていくようです。押印が見直された手続きの一覧は、こちらからどうぞ。

Recommend あなたにおすすめ