TOP グルメ 須磨海岸に仮設トイレができてる。2021年度の海開きはどうなる?

須磨海岸に仮設トイレができてる。2021年度の海開きはどうなる?

須磨海岸に新しく仮設トイレができていました。

神戸市須磨区若宮町4-1

JR須磨駅の南側の階段を、東側に降りてすぐのところです。壁面には青い波の模様が描かれています。

仮設

コインロッカーの棟がひとつと、男子トイレ・女子トイレがそれぞれ個室10室ずつぐらい。

仮設

壁面にイラストの下絵があり、ドアノブにはロープがかかっていたので、まだ完成というわけではなさそう。

2020年の夏は新型コロナウイルスの影響で、感染症対策やライフセーバーの確保が難しいとして海開きは見送られました。今年の海開きについてはまだ判断されていないようです。

仮設

例年だとこのあたりに海の家が出て賑わっていましたが、いまのところ何かができる気配はなし。

仮設

その向かいでは、感染症対策をとった上で6月6日(日)までの期間「潮干狩り」が行われています。

わざわざトイレを作ったということは、海開きはなくともこのような小さなイベントは開催されるのかもしれませんね。

ライフセーバーとして配置される人の中には看護師などの医療職に就いている人も多いようで、その人員の確保ができるかどうかも検討材料になるでしょう。

いずれにせよ、海開きの判断はもう少し先になりそうです。

Recommend あなたにおすすめ