TOP ビューティー 仕上がりが劇的に変わる!? プロがリピ買いした「メイク用スポンジ」3選

仕上がりが劇的に変わる!? プロがリピ買いした「メイク用スポンジ」3選

2018.12.21

あなたはファンデーションをどうやって塗っていますか? 指だけで済ませたり、ブラシを使って仕上げたり……という方が多いかもしれませんが、美容ライターのSAKIさんによると、スポンジを使って塗るだけで仕上がりが劇的にかわるらしいのです!

そこで今回は、SAKIさんおすすめのメイクスポンジをご紹介してもらいました。プチプラのものもあるので、ぜひチャレンジして、その仕上がりを体験してみて!

 

ファンデーションをスポンジで仕上げると…

指やブラシだけで仕上げるのと、スポンジを使うのとでは仕上がりはどのように変わるのでしょうか。

指は塗れる範囲が狭いので、どうしてもムラになってしまいがち。塗れていない箇所があったり、フェイスラインまで塗れていなかったり……といったことがよくあります。おすすめは細かい部分は指で塗って、仕上げにスポンジを使う方法。

出典: Vladimir Gjorgiev / shutterstock

ムラになってしまった場所はスポンジを使って馴染ませ、フェイスラインはお顔の中心のファンデーションをスポンジで引っぱって立体感を出しましょう。さらにスポンジで軽く押さえるように密着させると、化粧もちがグンと上がります! ちなみに、ブラシ派の方は、ブラシの筋ムラをスポンジでボカすと、きれいに仕上がりますよ。

 

おすすめスポンジ1:エバーソフト「スポンジパフ」

出典: GATTA(ガッタ)/ エバーソフト『スポンジパフ』

もちもちとした質感が特徴の『スポンジパフ』。その質感から肌を多少引きずっても摩擦が起こりにくく、使い心地は抜群。使用感の良さから、リピーター続出のスポンジです。

もちろん、ファンデーションの密着感やもちの良さも○。品切れをしていることも多く、なかなか手に入らないスポンジですが、一度使うとやめられません! 店頭で見かけた際は、ぜひゲットしてくださいね。

 

おすすめスポンジ2:SIXPLUS「多機能メイク用スポンジパフ」

出典: GATTA(ガッタ)/ SIXPLUS『多機能メイク用スポンジパフ』

最近よく見かける形のスポンジですが、この形には意味があります。細く尖ったほうは、小鼻や口角、目のキワなどの細かい部分を押さえるのに適しており、広い面は頬やフェイスラインなどに大きく広げることができ、とっても便利なんです。弾力があり手にフィットするので、持ちやすく力が入りにくく、摩擦が起きづらくなることも肌に優しい理由。

 

おすすめスポンジ3:ロージーローザ「バリュースポンジ ダイヤ型タイプ 6P」

出典: GATTA(ガッタ)/ ロージーローザ『バリュースポンジ ダイヤ型タイプ 6P』

プチプラで手に入るメイクスポンジです! 厚みがあるうえに弾力もあり、肌あたりもとってもいいです。

ファンデーションを吸いにくいタイプのスポンジなので、しっかりカバーさせたいときには叩き込むように塗って、薄づきに仕上げたいときは優しく伸ばしましょう。このように仕上がりの好みにも対応できるのがダイヤ型の特徴。

指やブラシと組み合わせて使うのは面倒だから、スポンジを使うならそれだけで済ませたい!という方にも、ダイヤ型はおすすめですよ。

 

メイクスポンジは、ムラをきれいに整えてくれ、ファンデーションを押さえることで化粧もちがグンとアップします。ほんの一手間かけるだけで、大きな変化を感じることができるので、ワンランク上の仕上がりを目指したい方はぜひ試してみてくださいね。

【画像】

※ Tatiana Frank、Vladimir Gjorgiev / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ