TOP グルメ 京都府内の動物園で見つけた!癒される動物フォト

京都府内の動物園で見つけた!癒される動物フォト

2021.02.13

画像:京都市動物園

明智光秀ゆかりのまち・福知山市の三段池公園内にある福知山市動物園。
そして、アクセス抜群、アカデミックな京都市の岡崎エリアにある京都市動物園。
今回は京都府内の人気動物園から、なかなか現地に会いに行くのが難しい今の時期でも元気いっぱいに暮らしている動物たちの近況が届きました。見ているだけで癒される、可愛い動物たちの姿をお届けします^^

数々のスターアニマル&可愛い小動物がいっぱい

福知山市動物園

f:id:kyotoside_writer:20210125112845j:plain11年前に、ウリ坊の背中にニホンザルのみわちゃんが乗って園内を散歩する姿が評判になり、メディアからも大注目を浴びた福知山市動物園。入り口でエサを売っていて、園内のほとんどの動物にエサがあげられるというのも人気の秘密。

2019年にはみわちゃんの脱走がニュースになりましたが、無事に戻ってきてくれて良かったです。オトナになった2匹は今は別々の園舎にいますが、元気に暮らしてるそうですよ^^

カピバラのガルくん 4歳

f:id:kyotoside_writer:20210125112952p:plain
世界で一番大きいネズミと言われているカピバラ。歩き方がペタペタとしていて、少しかっこ悪いところが逆にキュート♡です。ガルくんのなんとも微笑ましい顔は、癒し度100パーセントで子供たちにも大人気です。

オウム(キバタン)のピーちゃん 10歳

f:id:kyotoside_writer:20210125113050p:plain
おしゃべり大好きなオウムのピーちゃん。人が通ると「バンザイ!」と言って羽根を拡げます。お客さんも、それにつられて「バンザイ!バンザイ!」(笑)。動物総選挙では1位になるほどの近年の人気ぶりに関係者もビックリしたそうですよ。

リャマのラマくん 年齢??

f:id:kyotoside_writer:20210125113129j:plain
リャマは南米のアンデス地方に多く住む、ラクダ科の動物です。アルパカと近縁にあたるそうですよ。ラマくんは2017年の夏に福知山にやってきました。真っ白いほわほわの毛と、大きな透き通った目がチャームポイント。人を見るとエサをおくれ〜と寄ってきます。

テナガザルの桃太郎くん 6歳

f:id:kyotoside_writer:20210125113202j:plain
本来、サル類は尻尾があるのが特徴ですが、こちらのテナガザルは尻尾のない類人猿。絶滅危惧種として厳しく管理されています。なんと!こちらの桃太郎くんは6~7年前に女優の瀧本美織さんと1年間テレビ出演していたという輝かしい経歴を持つスターアニマルでもあります♪

レッサーパンダのキャラくん 7歳

f:id:kyotoside_writer:20210125113242j:plain
立ち姿で一世を風靡したレッサーパンダ・風太(千葉市動物公園)の孫にあたるのが、こちらにいるキャラくんです。園内には奥さんと息子2匹も居るという仲良しファミリー。レッサーパンダエリアは、ガラス張りの部屋から屋外展示場に出た、何も障害物がないところなので、撮影にもピッタリ!SNS映えするイイ写真が撮れますよ〜!!

 

■■INFORMATION■■

福知山市動物園
福知山市猪崎377-1番地
TEL:0773−23−4497
FAX:0773−23−4598
開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休園日:水曜日(祝日と重なる場合は翌日)
入園料:大人 220円、小人(4歳~中学生) 110円、身障者割引 半額、団体割引(30人以上) 1割引
http://www.sandanike-kouen.or.jp
info@sandanike-kouen.or.jp

 

明治36年にオープンした日本で2番目に歴史のある動物園

京都市動物園

f:id:kyotoside_writer:20210125113346j:plain
2021年4月に開園118年を迎える京都市動物園。2016年にリニューアルオープンし、とってもキレイな施設になっています。空中通路を歩くトラを下から見たり,木道からキリンを見下ろせるような、趣向を凝らした展示方法が特徴です。
四季に合わせた名前が付けられた4頭のゾウ(春美カムパート、夏美ブンニュン、秋都トンカム、冬美トンクン:上記写真)や、ニシゴリラの家族が大人気の動物園です。

ニシゴリラのキンタロウくん 2歳

f:id:kyotoside_writer:20210125113428p:plain

国内でも珍しい、そして新しいゴリラの飼育施設を持つ京都市動物園では、日本初となるゴリラの繁殖にも成功しています。

父・モモタロウと母・ゲンキの間に、2018年に生まれた次男・キンタロウ。お兄ちゃん・ゲンタロウの洗礼を受けて前歯が欠けた、というエピソードもあるとか。お兄ちゃんにだけでなくお父さんのモモタロウにも物怖じせず接する姿が、なんともやんちゃで次男そのもの(笑)。2歳になった今は、両親やお兄ちゃんと一緒にお勉強(!)を頑張っているそうですよ。

ヨツユビハリネズミのウミちゃん 年齢??

f:id:kyotoside_writer:20210125113513j:plain
ヨツユビハリネズミ、と名前に「ネズミ」が付くものの、この子はモグラの仲間なんです。素人には見た目ではわかりませんが、年齢不詳とはいえ意外と高齢なんだとか。
このウミちゃん、現・京都市動物園のアニマル園長(5代目)なんです。任期は令和3年3月末までということで、現在(~3/7日曜)6代目アニマル園長を決定する選挙が行われています。

今年の干支「丑年」にちなんだ動物たちが出馬するアニマル園長選挙の詳細はこちらにて↓↓
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

 

■■INFORMATION■■

京都市動物園
京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内
TEL:075—771—0210
開園時間:3月~11月の期間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
               12月~2月の期間 9:00~16:30(入園は16:00まで) 
休園日:月曜日(祝日と重なる場合は翌平日)
入園料:大人 620円、中学生以下 無料、団体 520円(30人以上)、年間入園券 2510円

https://www5.city.kyoto.jp/zoo/

 

いかがでしたか?
落ち着いたら是非、可愛い動物たちに会いにぜひ現地を訪れてみてくださいね^^

 

Recommend あなたにおすすめ