TOP グルメ 閉店した「そごう西神店」跡地の商業施設は、11月下旬から少しずつオープンしていくみたい。食品専門店、洋菓子や飲茶など

閉店した「そごう西神店」跡地の商業施設は、11月下旬から少しずつオープンしていくみたい。食品専門店、洋菓子や飲茶など

8月末に閉店した「そごう西神店」の後に入る商業施設が、11月下旬から少しずつオープンしていくようです。

神戸市西区糀台5-9-4

関西で最後の「そごう」で惜しまれながら閉店した「そごう西神店」。およそ3か月というスピード感で次なる商業施設がオープンし始めます。

駅改札前にあった百貨店がなくなり、食材や、手土産を買う場所どうしよう…ってなってた人には待望のオープンかと。

先駆けて「11月下旬」からオープン予定なのが、「そごう」にも入っていた食品専門店「パントリー」。

魚、野菜、肉、総菜、オーガニック食品など高品質なものを扱うスーパーで、頼りにしていた人も多いかもしれません。

そして、12月上旬には「洋菓子」や「総菜」などのテナントがオープン予定。かえってきた店も多いですが、新しいお店もあります。

オープン予定のお店
・アンリ・シャルパンティエ(洋菓子)
・パティスリー・リッチフィールド(洋菓子)
・ゴンチャロフ(洋菓子)
・モンロワール(チョコレート)
・宗家 源吉兆庵(和菓子)
・ロック・フィールド(惣菜)
・古市庵(お寿司・おむすび)
・姫路一貫楼(飲茶・豚まん)

順次オープンなので、1階フロア全部オープンかは今のところ分かりません。「パティスリー・リッチフィールド」などは、これまでで一番大きな店舗になるそうなので、全体にゆったりした感じになってるのかも。

12月4日オープン予定の喫茶店「神戸珈琲物語」は、「そごう」時代には「3階」にありましたが「1階」に移動。

建物自体を壊したりはしていないのでスペースは一緒ですが、ほぼなかった「1階の飲食店スペース」ができたり変化も見えるので、雰囲気がどんな感じに変わるが楽しみです。

Recommend あなたにおすすめ