TOP ビューティー 老け見えを招く!? 美容ライターが教える「頑張りすぎ」NGメイク3つ

老け見えを招く!? 美容ライターが教える「頑張りすぎ」NGメイク3つ

2018.12.05

メイクは身だしなみのひとつ。仕事やプライベートでも、人と会うときにはキチッとしなきゃ!と気合を入れるのは当然だと思います。

ですが、メイクを完成させて鏡をみると“やりすぎた!”と思うとき、ありませんか? 自分を振り返ってみてもそうですが気合が入るとメイクが濃くなりがち……。やりすぎメイクは、かえって老けた印象に見えてしまうこともあるので注意したいところです。

今回は、コスメコンシェルジュで美容ライターのSAKIさんに、老け見えNGメイクとその改善テクニックについて聞きました!

 

NG1:カバー重視でフェイスパウダーを重ねまくる

出典: puhhha / Shutterstock

年齢を重ねると、肌悩みが増えファンデーションも厚くなりがちです。いつもファンデーションが厚塗りになってしまう……という方は、ファンデーションの前にコンシーラーを使ってみてください。先にトラブルをケアすると、全体的に肌がきれいに見えファンデーションの量がすくなくて済むことが多くなりますよ。

また、フェイスパウダーもサラサラになるまでのせすぎると、粉っぽくなり老けた印象になってしまうので、パウダーはパフではなくブラシでつけるのがおすすめです。磨きあげられたようなツヤが出て、若々しく見えますよ。

 

NG2:目を大きく見せるためアイラインを全体的に太く引く

出典: Dmytro Zinkevych / Shutterstock

アイラインを太く引きすぎると、黒さが目立ち目が小さく見えてしまいます。アイラインの役目はあくまで目元をくっきりと形取ること。まずは、まつ毛の間をしっかり埋めることが大事です。そのあと、黒目の中央だけに太くアイラインを引くと、黒目が際立って目がぱちっと大きく見えますよ。

 

NG3:普段でもしっかりとリップラインを引く

出典: Ilya Morozov / Shutterstock

ローズピンクや赤リップなどはひと塗りで華やかさが出る魔法のカラーです。華やかな装いが必要なパーティーなどに参加するときは、その魔法のカラーを目立たせるためにもリップラインをしっかり取ってパキッとさせるのが、その場に合ったすてきなメイクですよね。

しかし、普段使いでリップラインをしっかり取って大胆カラーを塗ると浮いてしまう可能性も……。大胆なビビッドカラーを普段使いするなら、リップラインはあえてぼかし、口角からはみ出さないように気をつけると良さそうです。女性らしさや、やわらかさが出るので若々しい印象になりますよ。

 

メイクは、足すだけでなく引くことも大事。引き算メイクがうまくいけば、素の自分から離れすぎることなく自然な美しさが手に入ります。ぜひメイクを見直し、自分に似合うベストなメイクアップテクニックを身につけてくださいね。

【画像】

※ Stock-Studio、puhhha、Dmytro Zinkevych、Ilya Morozov / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ