TOP ビューティー その洗い方NGかも!? 美容師が教える正しいシャンプーの選び方と洗い方のコツ

その洗い方NGかも!? 美容師が教える正しいシャンプーの選び方と洗い方のコツ

2018.11.30

毎日のヘアケアの中で、1番大切にしたいのはシャンプーではないでしょうか。その日1日の汚れを落とし、次の日に汚れを持ち越さないためにも、しっかり洗いたいですよね。しかし、どうやってシャンプーを選べば良いのか分からないという方や、どう洗うのが正しいのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は、美容師である野澤 琢眞さんにシャンプーの正しい選び方と洗い方を聞きました。

 

シャンプーの選び方

出典: Vladeep / Shutterstock

最近では、シャンプー選びもパーソナルな時代になっています。家族で1つのシャンプーではなく、1人につき1つのシャンプーを髪質に合わせて選ぶようにしましょう。

選ぶポイントは、(1)ダメージ(2)クセ(3)軟毛・硬毛の3つの要素から、自分がどのような髪質なのかを判断することです。

 

良いシャンプーの見極め方

良いシャンプーの基準は泡立ちが良く、洗い上がりが爽やかなものです。シャンプーをするときに泡立ちが良くないと、髪の汚れがしっかりと落ち切らない場合があります。修復成分も泡の中に含まれています。

シャンプーと自分の髪質が合ってない場合も泡立ちが悪くなりますので、自分にあったシャンプーを選ぶようにしましょう。

洗い上がりについては最近のヘアスタイルのトレンドが“柔らかくて立体感のあるスタイル”になりますので、仕上がりがべたついたり、必要以上にしっとりしすぎるシャンプーは控えましょう。シャンプーの目的はあくまでも洗浄と髪の内部補修ですので、髪の表面をコーティングするような洗い上がりのさっぱりしてないシャンプーは避けるようにしましょう。

 

正しいシャンプー方法

出典: TORWAISTUDIO / Shutterstock

シャンプーは正しく使うことで、その効果を最大限にいかすことができます。

まず、シャンプーをする前に必ず“お湯洗い”をしっかりとしましょう。ほとんどの方はお風呂でシャワーをお使いになると思いますが、シャワーで濡らすだけではなく、しっかりと手で洗うことが重要です。このお湯洗いをすることでシャンプーの泡立ちが良くなり、シャンプーの効果を高めることができます。目安はお湯洗いだけで3分ほどかけると、髪の汚れが80パーセントほど取れると言われていますので試してみてください。

しっかりと泡立てるためにはシャンプーを適量とったあと、“手のひら”でシャンプーを頭皮になじませてください。摩擦面積が大きいほどシャンプーは泡立ちやすいです。泡立ったあとは、爪を立てず“指のひら”で頭皮を洗いましょう。

 

シャンプー選びと洗い方が正しくできていれば、髪質が一段と良くなることでしょう。ぜひ毎日実践してみてくださいね。

【画像】
※  Sahacha Nilkumhang、Vladeep、TORWAISTUDIO / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ