TOP ビューティー 「仕事ができなさそう…」と思われかねない、オフィスでのNG私服4つ

「仕事ができなさそう…」と思われかねない、オフィスでのNG私服4つ

2018.11.24

近年、私服での勤務が可能な会社が増えつつありますが、私服の選択を誤ってしまうと周囲から“仕事ができなさそう”なんて思われてしまうこともあるので、洋服選びはきちんとしたいところです。

しかし、スーツや制服ではないため、どこまで許されるのかは明確な線引きはなく曖昧かもしれません。

そこで今回は、私服勤務OKな職場で避けたほうがいいNGファッションについてご紹介します。

 

NG1:ジーンズの着用

出典: Kseniia Konakova / shutterstock

営業職の場合は、ジーンズの着用はあまりおすすめできません。急遽、取引先との会議が入る可能性を考えると、カジュアルデーなどで私服勤務がOKな日も、スラックスなどを着用しておくのが無難です。

また、特に規定がない場合でも、ダメージジーンズの着用は周囲からだらしない印象を持たれる場合が多いので控えるようにしたほうが良いでしょう。

今はさまざまなタイプのジーンズが登場していますが、基本的にジーンズはビジネスシーンにそぐわないということをお忘れなく!

 

NG2:よれよれな洋服

よれてしまっている洋服はダメージジーンズ同様、だらしない印象を周囲に与えてしまいがち。なるべくシワになりにくい素材を選択するか、アイロンをしっかりかけるようにしましょう。

また、もとからシワ加工のされているデザインの洋服も、“シワだらけでだらしない”と誤解されることがないとは言い切れないので避けるようにしましょう。

 

NG3:露出度が高い服装

オフィスでは、“過度”に性的魅力を強調するような服装はふさわしくありません。短すぎるミニスカートや胸の谷間を出すようなトップスなどは着用しないほうがベター。

ノースリーブを着用する場合は、カーディガンやジャケットを着用し、肌が露出しないようにします。

とはいえ、丈が長ければいいというわけでもありません。デザインによっては、カジュアルになり過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

 

NG4:奇抜過ぎるデザイン

出典: conrado / shutterstock

アニマル柄やビビッド過ぎるカラーの洋服は必要以上に目立ってしまうため、社内での服装には向いていません。モノトーンなコーディネートが良いというわけではありませんが、過度に目立つようなカラーは避けるようにするのが無難でしょう。

また、ヒョウ柄やエキセントリックな柄物など、周りの人が“チカチカしている”と感じるデザインはビジネスシーンにおいては避けるべき。取引先や上司から見て、不快なイメージを抱かれてしまう可能性のある服装はしないようにしましょう。

 

会社で働いていると突然、取引先の人に会うことになるなど何が起こるか分かりません。いつ誰に会ってもよいような服装を心がけると良さそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考文献】

※ 『人間関係が楽になる気づかいマナー辞典』(真山美雪監修)/ 池田書店

【画像】
※ wrangler、Kseniia Konakova、conrado / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ