TOP ビューティー お尻と太ももの境目がほしい!寝ながらエクサで「美ヒップ」を目指そう

お尻と太ももの境目がほしい!寝ながらエクサで「美ヒップ」を目指そう

2018.11.17

冬もスキニーデニムが履きたい! しかし、そんなときに気になるのが“ヒップライン”ですよね。ぴったりと体のラインが出るスキニーだからこそ、ごまかせないお尻。トップスで隠すとより目立ってしまうし……。

そんな女性の悩みに、ヨガインストラクターである筆者が、小尻を目指すヒップエクササイズをご紹介します。

 

お尻を「引き上げる」と「小さくする」は別物

お尻エクササイズをしてお尻が引き上がったのはいいけれど、なんだかお尻が大きくなってしまった。そんなことがないように、お尻のエクササイズは部位別に行いましょう。

スキニーの似合うヒップラインをつくるために、お尻と太ももの境目を作る、お尻の幅を整えて引き上げる。まずはこの2つを目指しましょう。

 

角度で違う!ヒップエクササイズ

出典: GATTA(ガッタ)

(1)横向きの姿勢で寝て、ひじで頭を支えます(写真では左側が下)。

(2)腰から太もも、太ももから足先を90度程度の角度にしましょう。このとき、背中とお尻のラインをまっすぐにして、右側の腰が天井を向くようにします。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)両方のかかとは離さずに、ひざをゆっくりと開いていきます。お尻にしっかりと刺激がくるように、右腰の位置がぶれないように注意しましょう。

(4)ゆっくりとひざを開く、閉じるを繰り返し、15回程度行います。

(5)反対側も同様に行います。

出典: GATTA(ガッタ)

(6)続いて脚の角度を、90度よりも広めにしましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(7)同様に、腰の位置に気をつけながら、ひざを開く、閉じるの動きを15回行います。

(7)反対側も同様に行いましょう。

 

エクササイズを終えた後は、お尻が重だるいような、痛いような刺激が残っていればOKです。楽々とできる場合は、ひざを開くときに腰の位置が後ろに倒れているか、背中とお尻のラインが丸まっている可能性があります。

ポジションを意識して行ってみましょう。お尻の幅を狭くして引き上げに役立つだけではなく、太ももとお尻の境目のもたつきケアもできるはず! まずは2週間続けてみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ