TOP ビューティー 長さでオーダーはNG!? ショートヘアが「しっくりこない理由」と解決法

長さでオーダーはNG!? ショートヘアが「しっくりこない理由」と解決法

2020.01.09

ショートヘアはとても素敵なヘアスタイルですが、「ショートヘアにしたら、思っていたイメージと違った……」「自分には似合わない気がして……」という声を聞くことも。

しかし、美容師の藤田ファムさんによれば、しっかりとポイントをおさえれば誰でもトライすることが可能なんだそう。

そこで今回は、ショートヘアが“しっくりこない理由”と、その解決方法を藤田さんに教えてもらいました。以前ショートヘアにしたけど似合わなかった……という方も、ぜひチェックしてみて!

流行の髪型の通りにオーダーする→トレンドはあくまで参考程度に

出典: GATTA(ガッタ)

Instagramやカタログサイトなどで人気のヘアスタイルを美容師さんに見せていませんか?

もちろん、流行を参考にするのはとてもいいと思います。ただ、“流行”と“自分に似合うかどうか”は別問題。流行そのままのヘアスタイルにしても、自分に合わない髪型になってしまうことも多いです。

美容師さんにオーダーするときに大切なことは3つ。

(1)自分の顔立ちで気になるポイントを伝える(頭の形や骨格でもOK)

(2)なりたい雰囲気を伝える(長さが多少違っても、好きな雰囲気の写真を3枚用意)

(3)なぜショートヘアにしたいのかを伝える

この3つを伝えれば、美容師さんもあなたに似合う髪型を考えやすくなりますよ。流行りの髪型はあくまでも参考と捉えると良いでしょう。

「長さ」で髪型を決める→長さより「雰囲気」を重視して

髪型を探すとき、“長さ”重視で決めていませんか?

ヘアカタログはだいたい“長さ別”にカテゴライズされているので仕方がないのですが、「新しい髪型が似合わない……」と感じてしまう大きな原因はここにあります。

ヘアスタイルの似合う・似合わないは、実は長さよりも、自分の顔や頭の形に合っていて、なおかつ雰囲気が合っていることが大切です。

肝心なのは髪型の“雰囲気”。髪の長さのことは一旦忘れて、好きな雰囲気やなりたい雰囲気の写真を用意してみましょう。それらの写真を美容師さんに見せながら、理想の長さを伝えるとGOOD。

一言に“雰囲気”といっても、自分ではどんな雰囲気が合うか分かりにくいことも。そんなときは、ショートヘアのなかでも「いいな」と思うものと「嫌だな」と思うものがあるはずなので、それを参考にするのも良いでしょう。

上手な美容師さんなら、そこから似合う髪型へ導いてくれるはずです。

顔の形や髪質を気にしない→自分と同じ顔の形・髪質の人を参考に

出典: GATTA(ガッタ)

自身の顔の形や髪質に合っていない髪型にすることも、ヘアスタイルが似合わない原因になりえます。

自分ではなかなか判断が難しいところなので、似ている顔の形や髪質の方を参考にするのも良い方法です。

自身が丸顔の方なら、丸顔でショートヘアにしているモデルや女優を参考にしたり、友人を参考にしたりしてみましょう。

丸顔の方の場合は、すっきりしたシルエットで前髪はぱっつんではない髪型が多いはず。一方で顔が長めの場合は、きっと前髪はつくっているでしょうし、パーマをかけたショートヘアにしているかもしれませんね。

このように自分に似ている人を参考にすれば、似合うバランスや似合わないバランスがなんとなく分かるのでおすすめです。

 

今回ご紹介したポイントを意識して美容師さんに相談すれば、きっと自分に似合うショートヘアがオーダーできるでしょう。

2020年、新しい髪型にチャレンジして素敵な年を過ごしてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ