TOP ビューティー ココだけは忘れずに!メイクしたての仕上がりが叶う「お直しチェックリスト」

ココだけは忘れずに!メイクしたての仕上がりが叶う「お直しチェックリスト」

2020.01.08

重要な会議、友達との食事会など大事な予定の前、気合を入れるためにもメイク直しをする方が多いはず。でも、朝メイクしたての仕上がりに比べると、お直しをしてもメイクのクオリティが下がっていませんか?

そこで今回はビューティープロデューサーの小笠原彩さんが、ここだけ直せば“メイクしたての印象”に仕上がるお直しポイントをご紹介します。お疲れ顔が一気に、華やかな印象になるかも!

お直し次第で、大きく印象が変わる部分は?

まずは、メイクしたてのようなお顔に復活させるために、よりお顔の中で影響力の強い部分と崩れやすい部分を直す必要があります。その箇所は大きく2つあります。

(1)ベースメイク
(2)アイメイク

リップを最後にサッと塗ったほうが華やかで疲れた印象を取り除いてくれますが、口元のメイク直しは一瞬でできます。

なので、先にこの2つを優先的に直していくのがおすすめです!

完成度の高い「ベースメイク」の直し方

出典: Blue flash / PIXTA(ピクスタ)

最初に、もっとも見た目に影響する“ベースメイク”を直していきましょう。

疲れが出てくると、お顔全体がくすんできてしまい、お化粧したての透明感などが出づらくなります。「午後はお顔が疲れて見える」のはこのようにお顔全体がくすんでしまったり、目の下のクマが血行不良と疲れで目立ってしまったりしている場合が。

また、毛穴落ちやほうれい線なども気づけばくっきり目立っているときもありますよね。

そんなときにぴったりの“ベースメイクの簡単なお直し”テクニックをステップごとにお伝えしていきます。

STEP1:水分チャージしてから、しっかり汚れをティッシュオフ

軽くお肌に水分を与えてあげると、皮脂で崩れた部分や、乾燥崩れした部分を修正できます。皮脂汚れを取り除いてくれるフィックススプレーやスプレータイプの化粧水をひと拭きしてから、浮き出た汚れを軽くティッシュオフしましょう。

この水分を入れる一手間を入れることで、お肌もうるおい、お疲れ肌の回復を目指せます。

STEP2:軽めテクスチャーのベースメイクコスメを気になる部位に

お顔の中心部分にカラー付きの下地やコントロールカラー、もしくはテクスチャーの軽いリキッドファンデーションをのせていきましょう。ベースメイクを落とさずに直していくので、テクスチャーがハードめなファンデーションをのせてしまうと、どんどん肌が分厚くなってしまい、透明感がでにくくなってしまいます。また、逆にシワに見えてしまうことも……。

直し方はとっても簡単! お顔の中心めがけて、ポンポンとなじませるようにのせていくだけ。重ねれば重ねるほど分厚くなってしまうベースメイクなので、お顔のまわりなど、崩れが気にならない部分にはあえて何もせず、崩れが目立ちやすいお顔の中心のみのせていきましょう。

また、忘れがちな口周りにもしっかりのせてくださいね。口元は特にくすみが出やすいので要注意!

STEP3:仕上げにフェイスパウダーを

出典: ナオ / PIXTA(ピクスタ)

サッとパウダーをブラシでのせていきましょう。なるべく最低限のメイクで薄く直してあげるのがベストなので、粉っぽくなりやすい方は入れなくても大丈夫!

その代わりに軽くティッシュでおさえて、余分な油分を取り除くようにしましょう。

STEP4:クマや頬骨の高い所に、コンシーラーかリキッドハイライトを

最後のベースメイクの仕上げとして、お顔の中心を明るく光を集めて、いきいきとした印象にみせていきましょう!

お顔の中心部分を明るくすると目元も明るくみえます。そのためクマや頬骨の高い所に、リキッドのコンシーラーかリキッドのハイライトを塗りましょう。このときにパウダータイプや固形のものを使うと、テクスチャーが重くなりやすいので、リキッドタイプがおすすめです。

完成度の高い「アイメイク」の直し方

出典: Blue flash / PIXTA(ピクスタ

次に崩れやすいアイメイクの直し方をお伝えしていきます。

基本的にアイメイクで崩れやすいのは、“目の下部分”と“アイライナー”です。目の下のアイシャドウは、涙などで特に落ちやすい部位。この部分は綿棒で拭き取ってしまうのが一番簡単で早いのでおすすめです! 落ちづらい場合は軽くお水をつけるなど、水分を少し含むと落ちやすくなりますよ。

出典: Ushico / PIXTA(ピクスタ)

アイライナーは崩れていれば、同様に綿棒で拭き取りましょう。そのあと、軽くパウダーを載せてから、再度アイシャドウを塗布して、アイライナーを引き直すと、きれいに直すことができますよ。

崩れた色物は思い切ってオフすることが、一番きれいに仕上げるためのコツ。持ち運びできる容器に、少量のリムーバーなどを持ち歩くと、よりきれいにアイメイクオフできます。

 

この2カ所を直してリップをサッと塗れば、お顔全体が華やかに、そしてメイクしたてのような印象が戻ります。最低限のお直しをして、夜からの予定も楽しんでくださいね。

【画像】
※Blue flash 、 ナオ、Ushico / PIXTA(ピクスタ)

Recommend あなたにおすすめ