TOP ビューティー 「太った?」なんて言わせない!着ぶくれを防ぐ、冬の着こなしテク5つ

「太った?」なんて言わせない!着ぶくれを防ぐ、冬の着こなしテク5つ

2019.12.26

いよいよ寒さが深まり、おしゃれも厚手のアイテムやアウタースタイルが多くなってきましたね。その一方で、冬のお悩みあるあるである“着膨れ”も心配……。

そこで今回は、着ぶくれを防ぐ“冬のコーディネートテクニック”をご紹介します。

1:【ショート丈ダウン編】細身ボトムスで、すっきり見え!

出典: Ferruccio Dall’Aglio / Shutterstock.com

ますます寒さが厳しくなるなか、これから頼りになる“ダウンジャケット”。

そんなダウンコーデの代表的なお悩みといえば“着膨れ”ですよね。そんなときは、スキニーパンツなどの細身のボトムスで、“Yシルエット”をつくり、メリハリをだすことで着痩せを狙っていきましょう。

2:【ボアコート編】サイズ感が大事!選ぶべきは「オーバーサイズ 」

出典: Creative Lab / Shutterstock.com

大ヒット中の“ボアコート”。一方で、着膨れ感が気になるところですが、サイズを意識すればOK!

選ぶべきはジャストサイズより、華奢見え効果抜群の“オーバーサイズ”。選びの決め手は、ドロップショルダー&身幅がゆったりしているシルエットのデザインですよ。

3:【ワイドパンツ編】縦長シルエットを意識して、すっきり感を

出典: Mauro Del Signore / Shutterstock.com

もはや定番の“ワイドパンツ”。ボリュームがあるので、厚手の冬アウターと合わせると着膨れの危険があります。

そこで、“ワイドバンツ×ロングコート”の縦長シルエットを強調して、すっきりとした印象に仕上げていきましょう。

出典: Mauro Del Signore / Shutterstock.com

またワイドパンツは、腰高に見える“ハイウエスト”タイプがおすすめ。

トップスも体にフィットする、“きれいめな薄手のニット”や“カットソー”で、もたつきを軽減させましょう!

4:【ダウン×ニット編】ボリューミーなダウンには、断然「リブニット」

出典: Ferruccio Dall’Aglio / Shutterstock.com

寒くなれば、やっぱり“ダウン×ニット”の組み合わせが鉄板。とはいえ厚手のアイテム同士なので、着太りの心配も……!

そんなときは、縦ラインを強調する“リブ編みニット”を選ぶと、すっきりとした印象に仕上がりますよ。フィット感のあるニットやタートルネックデザインであれば、よりすっきり見えを狙えるかも。

5:【ざっくりニット編】新常識!ゆるニットは「あえてだす」のが正解

出典: Creative Lab / Shutterstock.com

今年も大流行しているオーバーサイズのニットは、ニット自体が厚手なのでボトムスにインすると、太ってみえてしまう危険性があります。

なのでトップスインせず、あえてだしていきましょう。

出典: Mauro Del Signore / Shutterstock.com

気になるお腹まわりのカバーにも有効! そのうえ今シーズンは、「このスタイルのほうが気になる!」とニットインしない派が続々と増加中なんです。

簡単かつ楽ちんなので、ぜひトライしてみてください。

 

着膨れしがちな冬コーデ。スタイルよくすてきに着こなせれば、おしゃれが一層楽しくなりますよね。ぜひ今回ご紹介したテクニックを参考にしてみて!

【画像】
※Ferruccio Dall’Aglio、Creative Lab、Mauro Del Signore、Mauro Del Signore、Ferruccio Dall’Aglio 、Mauro Del Signore  / Shutterstock.com

Recommend あなたにおすすめ