TOP ビューティー マフラーをとったらバチバチ!プロが教える「髪の静電気」を抑える方法

マフラーをとったらバチバチ!プロが教える「髪の静電気」を抑える方法

2019.12.17

寒さも本格的になり、日本各地で雪の降る地域が増えてきました。

冬場は空気の乾燥から、髪をとかすときや、服を着脱するときに静電気が起きてしまうことがありますよね。

美容師の野澤琢眞さんによると、しっかりとケアをすることで、そんな静電気を軽減することができるそう!

そこで今回は野澤さんに、冬の静電気から髪の毛を守るためにやるべきヘアケア対策を教えてもらいました。

1:まずは環境から!日頃からの意識が大事

出典: Sergey Zapotylok / shutterstock

冬場の静電気は乾燥が原因なので、空気の乾燥をなるべく起こらないようにすることが大切です。

普段から暖房の直接あたる場所に長時間いないよう心がけたり、加湿器で部屋の湿度が下がり過ぎないように調整したりする対策を。

冬場はどうしても空気の乾燥が起こってしまいますので、髪に負担のかからない環境をつくるよう、日頃から意識をしてください。

2:保湿効果のあるトリートメント

出典: puhhha / shutterstock

髪の乾燥を抑えるためには毎日のトリートメントも大切。

とくに乾かす前のトリートメントは、高い保湿効果が期待できるクリームタイプのものをおすすめします。

クリームタイプのトリートメントは、スキンケアでいうところの乳液にあたります。いつもよりしっかりめにつけて髪を保湿しましょう。

もちろん、トリートメントをつけたあとは必ずドライヤーで髪を乾かしてくださいね。

3:スタイリング剤にオイルをプラス

出典: Maryna Pleshkun / shutterstock

お出かけ前、髪をスタイリングする際に、オイルタイプのスタイリング剤を使うと、より髪の乾燥を防ぐことができます。

普段ワックスやクリームタイプのスタイリング剤を使っている方は、オイル系のスタイリング剤を少し混ぜ、油分量を多くするのもおすすめ。

とくに毛先が乾燥すると思いますので、根元よりも毛先に多くつけることがポイントです。

 

髪は季節によって悩みが変わるため、時季によってヘアケア方法を変える必要があります。

静電気対策に必要なアイテムを用意して、今のうちから髪のコンディションを整えるように準備しておいてくださいね。

【画像】
Maryna Pleshkun、Sergey Zapotylok、puhhha / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ