TOP ビューティー カギは乾かし方!「美容室帰りのさらさら髪」をキープする裏ワザ4つ

カギは乾かし方!「美容室帰りのさらさら髪」をキープする裏ワザ4つ

2018.10.23

美容室に行くと、そのときはさらさら指通りも良い美髪なのに、数日経つと傷んだ髪に戻ってしまう……という方も多いでしょう。

できれば、美容室帰りの美髪をずっとキープしておきたいもの。

そこで今回は、美容師のTAKEさんに美容室帰りのさらさら髪をキープする裏技4つを取材しました!

 

1:乾かす前に「洗い流さないヘアトリートメント」をつける

出典: Mr.Cheangchai Noojuntuk/Shutterstock

セルフケアであっても、美容室帰りのようなさらさら髪をキープするには、濡れた髪を乾かす前に、まず“洗い流さないヘアトリートメント”をつけることを忘れないようにしましょう!

ヘアトリートメントの質感は、オイル系やミルク系などお好みでOK。悩みや髪質に合わせてチョイスしましょうね。

それを、髪の中間〜毛先につけていきます。もし一手間加えるなら、つけてから目の細かいコームでコーミングするとより、仕上がりがさらさらになるのでお試しあれ。

 

2:髪を乾かすときは根元から始めよう

次いでドライヤーで乾かすとき、毛先ではなく、まず根元を乾かすようドライヤーをしていきます。毛先から乾かすと、痛みの原因にもつながる“オーバードライ”を引き起こし、髪の毛の水分が飛びすぎてしまい、パサパサに……。

髪の根元から乾かすようにドライヤーをすることで、オーバードライの対策にもなりますね。

せっかくヘアトリートメント剤で髪を熱から保護しても、ドライヤーの使い方が間違っていては損ですよ! 気をつけてみてくださいね。

 

3:乾かした後にも「洗い流さないヘアトリートメント」をつける

ここで肝心なのが、髪をドライヤーで乾かした後にも、“洗い流さないヘアトリートメント”をつけることです。

ドライヤーで乾かす前には、熱から髪を守るイメージ。そして乾いた後には、髪の毛をしっとり潤わせるようなイメージで使うと良いでしょう。

軟毛の方は、ミルク系かバター系が相性が良く、硬毛の方は、オイル系のヘアトリートメント剤がおすすめです! ショップなどにたくさん種類があるので、よく選んでみてくださいね。

 

4:シャンプーにもこだわって日々のケアをしよう

美容室帰りを彷彿とさせるような、さらさらな髪を目指すのであれば、上記で紹介したこと以外にも、日常的に使うシャンプーもこだわりたいところ。

シャンプーは毎日使うものですから、髪へ影響を与える可能性の高いものです。

特に、傷みがちな髪の方は、刺激の強い“ラウリル硫酸ナトリウム系”のシャンプーは使わないように成分にも注目してみてくださいね。

今トレンドのノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーなどが人気ですが、傷みがちな髪の方にはベタイン系のシャンプーもおすすめですよ。このように、シャンプーの成分によって、髪への影響も変化してきます。

専門家や美容師へよく質問して、自分の髪質にぴったりなシャンプーを見つけてくださいね。

 

美容室帰りのようなさらさらな髪を目指すのであれば、日々のヘアケアがとても大事でしょう。今まで何もしていなかった!という方は、ぜひ試してみてくださいね。

【取材協力】
※ TAKE・・・美容師。

【画像】
※ Parilov、Mr.Cheangchai Noojuntuk/Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ