TOP ビューティー 寝る前たった3分でできる!「お疲れ肩」のリフレッシュを目指すストレッチ

寝る前たった3分でできる!「お疲れ肩」のリフレッシュを目指すストレッチ

2019.11.14

通勤途中や寝る前など、携帯を覗かない日はないのでは? 携帯を覗くと、頭が前に突き出て、自然と姿勢が前屈みになりがちですよね。ヨガインストラクターのyuukaさんによると、この姿勢は慢性肩こりや首こり、悪姿勢につながってしまうことがあるんだとか。

そこで今回はyuukaさんが、肩こりのリフレッシュを目指すストレッチをご紹介します。日々の姿勢の乱れを整えていきましょう!

まずは「姿勢」を見直して

首から頭が前に突き出て、肩が丸まってしまうと、慢性の肩こりや猫背、巻き肩の姿勢が定着してしまいがちに。

かといって携帯はもちろん、本や雑誌など読む作業はやめられないですよね。なので、今回ご提案するのは“見るときの姿勢”を見直すこと!

頭の位置に気をつけましょう

出典: GATTA(ガッタ)

背中が丸まると、首から頭が前に突き出てしまいます。すると頭の重みを支えるために、首から肩がガチガチに……。

肩も前側に入り、見た目にも老けてみえてしまいます。

出典: GATTA(ガッタ)

お腹を伸ばし、後頭部と背中の位置を縦に揃える意識で、首から頭を前に突き出さないように気をつけましょう。この姿勢で腕を持ち上げて、スマホや本を見るように意識してみてくださいね。

寝る前の3分間で試したい!肩こりのリフレッシュを目指すストレッチ

出典: GATTA(ガッタ)

(1)両脚の幅を肩幅よりも少し広めに開きます。両ひざを軽く曲げておきましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(2)左足先の外側を、右手でつかみます。

出典: GATTA(ガッタ)

( 3)息を吸います。息を吐きながら、上体を丸めて頭を下げ、上体を右斜め後ろ方向へ引っ張ります。右の肩甲骨の内側あたりが気持ちよく伸びる位置を確認しましょう。

(4)20秒キープします。

(5)反対側も同様に行います。

(6)可能であれば、あと1~2セット続けて行いましょう。

 

頭の位置を意識して変えるだけで、肩の疲れに違いがでてくるかも! また寝る前の3分でしっかり伸ばして、リフレッシュしましょうね。

Recommend あなたにおすすめ