TOP ビューティー 毎日の洗い物が格段にラクになった!無印良品で見つけた「優秀グッズ」3選

毎日の洗い物が格段にラクになった!無印良品で見つけた「優秀グッズ」3選

2019.08.25

1日中絶え間なく続く、キッチンの洗い物作業。家事のなかでも面倒なことのひとつではないでしょうか。

そんな繰り返される洗い物も、便利な道具を少し追加するだけで格段にラクになることもあるんです。

今回はインテリアブロガーのsumikoさんが、そんな洗い物の手間を軽減してくれる“無印良品のグッズ”をご紹介します。

1:手強いギトギトベトベトも!ひとなででスッキリ

出典: GATTA(ガッタ)

鍋やフライパンの油のギトギト。キッチンペーパーを大量に使ったり、洗う前の下処理に手間取ってしまいますよね。

そんなときに活躍するのが無印良品の『シリコーンスクレーパー』です。手のひらサイズでシックなブラック。

キッチンでも悪目立ちしないシンプルな見た目と、力の入りやすいしなやかな材質で、隅々までスッキリ汚れをかき集めて捨てることができるんです。

出典: GATTA(ガッタ)

また、お米を炊いた後の土鍋やお釜に残ったベトベトのご飯のぬめり。

これも水でふやかしてからサッとひとなでするだけで一瞬でスッキリ。そのあとのスポンジ洗いが驚くほどスムーズになりますよ。

2:2役こなす便利グッズで洗って干す

出典: GATTA(ガッタ)

水筒など細長いものの奥をスムーズに洗える無印良品の『柄つきスポンジ』。

スポンジの硬さも洗いやすいと、こちらも人気のキッチングッズですが、洗うだけでなく干すための道具としても一役買ってくれる便利グッズなんです。

出典: GATTA(ガッタ)

筆者宅では、そのほかの愛用のスポンジもこの柄を利用して乾燥させています。

おかげで、スポンジラックが不要になり、ラックを洗って掃除する手間をなくすことができました。

3:細かい部分の汚れをしっかり取り切る絶妙なブラシ

出典: GATTA(ガッタ)

食器や調理器具をようやく洗い終わった後、最後に残る排水溝の掃除。

これがまた一番億劫な洗い物ですね。なにかと細かい凹凸が多い排水溝周りの部品洗いには、無印良品の『タイル目地ブラシ』がおすすめです。

しっかり溝に入り込んでくれる細い毛先でありながら、ブラシ自体は小さすぎずほどよい大きさで扱いやすいジャストサイズ。

キッチン周りのラックなどの細部の汚れ落としに、キッチンにひとつあると役に立つ万能掃除ブラシです。

 

できるだけグッズは増やさずにスッキリさせたいキッチンでも、それに勝る家事の時短化を叶えてくれるグッズなら、ぜひ上手に取り入れたいですね。

Recommend あなたにおすすめ