TOP ビューティー ファッションと合わせるのがポイント!2018年秋冬「最旬ヘアカラー」

ファッションと合わせるのがポイント!2018年秋冬「最旬ヘアカラー」

2018.10.08

季節によってファッションのトレンドが変わるように、髪も季節に合ったスタイリングをする必要があります。

特に、“ヘアカラー”は季節感を出すのにぴったり。そこで今回は、2018年秋冬カラーのトレンドをご紹介します。

 

ヘアカラーとファッションはリンクして考える

出典: GATTA(ガッタ)

ヘアカラーをするうえで考えなくてはならないのが、そのときのファッションの傾向です。

たとえば夏は、色が明るく、軽い素材のファッションが多いですよね。そのため、ヘアカラーもそれにリンクさせて明るめのものを合わせると相性が良いとされています。さらに夏は肌の露出が増えるので、日本人女性の透明感のある肌質に合う色素の薄いカラーがおすすめ。

しかし逆に秋冬はというと、落ち着いた色、重厚な素材のファッションになり、肌の露出が減りますよね。それに伴って、ヘアカラーも落ち着いた雰囲気のものが選ばれるようになります。

 

ヘアカラーが秋冬に求められるもの

秋冬に合うヘアカラーにするためには、“黄色味の除去”が必要です。

夏の間は気温が高いので、ヘアカラーはなるべく涼しげな色合いの“寒色系”が選ばれることが多いです。アッシュ、グレー、マット系の色がそれにあたります。

この寒色系のカラーは、夏の紫外線の影響で退色すると黄色っぽくなることが多いです。退色して黄色っぽくなった髪は、ツヤ感がなく、パサついた印象を与えてしまいます。秋冬はこの黄色味をしっかりと除去し、ツヤ感を取り戻すことが大切です。

 

秋冬のおすすめは「ラベンダーアッシュ」と「ピンクベージュ」

出典: GATTA(ガッタ)

黄色っぽくなった髪を落ち着かせ、季節感を出すためにおすすめのカラーは“ラベンダーアッシュ”と“ピンクベージュ”です。ラベンダーとピンクは黄の“補色”にあたる色。黄色味を打ち消してくれる効果があります。

また、一般的に秋冬は暖色系、つまり赤色系のヘアカラーが多くなりますが、赤系のヘアカラーが好きではない方もいると思います。そんな方には、黄色味を抑えながらツヤを出してくれる“ラベンダーアッシュ”がおすすめ。

「秋冬は雰囲気をガラッと変えたい!」という方は、透明感を残しつつ暖色系の温かい雰囲気をまとえる“ピンクベージュ”がおすすめです。

キレイに色味を出したいのであれば、“ラベンダーアッシュ”も“ピンクベージュ”も、8トーン以下の明るさをチョイスするのが良いと思います。

 

季節に合わせてヘアカラーを楽しむと、ファッションやメイクにも季節感が出ますよ。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ