TOP ビューティー 歩くだけでパンパン太ももに!? 知らなきゃ損する「歩き方」のNG&正解

歩くだけでパンパン太ももに!? 知らなきゃ損する「歩き方」のNG&正解

2018.10.06

ムッチリ脚やごつい脚、パンツスタイルになると目立つ脚の悩みはありませんか? 脚の悩みはエクササイズでなんとかしようとする前に、歩き方と、歩くときの姿勢から見直してみましょう。

歩くときの意識を変えるだけで、こんなに違う!?と驚くはずです。今回は、ヨガインストラクターである筆者が、歩くだけでOKの美脚を目指す方法をお伝えします。

 

まずは重心をチェック

歩くとき、立つときに足の裏のどこに重心をかけていますか? 意識したことがない方がほとんどかと思いますが、これを読んでチェックしてみてください。

両脚を握り拳ひとつ分開いて、普段通りの姿勢で立ってみましょう。

  • 足の指側に重心がある
  • かかと側に重心がある
  • 足の外側小指側に重心がある
  • 足の内側土踏まずよりに重心がある

それぞれチェックできましたか? 足の指側に重心がある人や足の外側に重心がある人は、脚が太くなったりむくみやすくなっている可能性大! 歩くたびに脚に負担をかけ、脚やせとは程遠い歩き方の癖があるかもしれません。

 

前のめり重心を今すぐやめよう

足の指側に重心を置く癖のある人は、歩く、立つの動作で太ももの前側に負担をかける癖がついている可能性があります。また、ひざ裏と脚の付け根を必要以上にピン!と伸ばし、重心が前のめりの傾向があります。

すると、歩く立つの動作で、常に脚全体に緊張をつくり、太ももの前側の筋肉を必要以上に使って動く癖ができてしまいます。これで太もものエクササイズやダイエットに励んでも、歩くだけで台無しに。今すぐ前のめり重心を止めることが大切です。

 

歩くだけで脚やせ!?の秘密

脚の使い方、脚の重心の置き方を変えるだけで、脚の負担はずいぶんと軽減されます。ほとんどの方は脚に負担をかけすぎているのです。立つ、歩くの動作は本来、脚で力まずリラックスさせておくことが大切です。太ももの前側や、太いと悩みやすいふくらはぎに力みは必要ありません。

力まなければ負担は減り、使いすぎていた筋肉を使う必要がなくなるので、脚がゴツくなることはありません。ポイントは重心を後ろへ引いて、脚の付け根、ひざを緩めること。お腹の意識を持つことです。

 

姿勢を整えてみよう

(1)まずは両脚の幅を握り拳ひとつ分程度開いて立ちます。

出典: GATTA(ガッタ)

(2)脚の付け根とひざの裏を緩めるように曲げてみましょう(写真ではわかりやすいように、大げさに曲げています)。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)脚の付け根とひざを緩めると、足の裏にまんべんなく重心が乗るのがわかるはずです。そこから、内くるぶしの真下あたりに重心が乗るように意識します。

(4)自然と腰と背中が伸びるので、背中のラインと後頭部を合わせるようにして顔を上げ前方を見ます。

出典: GATTA(ガッタ)

(5)前太ももがリラックスしていて、太ももの内側と後ろ側で立ち姿勢を支えられているかチェックします。

出典: GATTA(ガッタ)

(6)姿勢を維持したまま歩き出しましょう。脚全体の力は抜いたまま、前に脚を放り出します。このとき、脚を意識するのではなく、お腹全体で体を前に押し出していく意識が大切です。

 

お腹を意識して歩くと、体幹が安定し、脚に余計な負担をかけづらくなります。歩くとすぐ疲れる人も、慣れてくると疲れにくい脚になるはずです。

ポイントは無駄な力を緩めることです。ぜひ試してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ