TOP ビューティー 【ショート・ボブ・ミディアム・ロング】自分でできる結婚式お呼ばれヘアアレンジ8選

【ショート・ボブ・ミディアム・ロング】自分でできる結婚式お呼ばれヘアアレンジ8選

2018.10.03

結婚式のたびに美容院に行くのも大変だし、とはいえ華やかな雰囲気は演出したいもの。自宅で簡単にヘアアレンジできたらいいですよね。

そこで今回は、GATTAの過去記事から、自分でできる結婚式・お呼ばれにぴったりな華やかヘアアレンジを8つご紹介します。

 

ショート~ボブ

ベリーショートやショートボブは、耳にかけて上品さアップ

出典: GATTA(ガッタ)

肩上以上のベリーショートやショートボブの方は、ミディアムヘア・ロングヘアの方のようにアップスタイルにしたり髪をしっかり巻いたりすることが難しいので、特にヘアアレンジがしづらいはず。

そんなときは、髪を耳にかけてみましょう。これだけで、上品さやおしゃれさがぐっと増しますよ。たった5秒ほどでできてしまうアレンジ、おすすめです!

肩上のショートは、ブローでまとまった髪に

出典: GATTA(ガッタ)

肩上程度の長さであれば、アイロンでストレートに整えたり、ブラシのついた“くるくるドライヤー”でブローをしたりするだけでもOK!

これだけでも髪がまとまりツヤが出やすくなるので、ヘアサロンに行く時間がない!といった方でも自宅でスピーディーに仕上げることができます。

ワックスやアクセサリーで動きをつけて

出典: GATTA(ガッタ)

上の写真、ナチュラルな動きがついていてステキなスタイリングですよね。しかし、これもとっても簡単にできてしまうんです。

方法はいたってシンプル。ストレートアイロンで髪を整えた後、髪に揉み込むようにワックスをつけるだけで完成! 毛先に質感をつける意識でワックスをつけるとすごくステキになると思います。

また、大きめなピアスやイヤリングをつけると顔とのバランスも良くなり、さらにオシャレ度が増すのでオススメです!

 

ボブ~ミディアム

短い髪は「ハーフアップ」にするのがおすすめ

髪が短いけどヘアアレンジがしたい!という方は、髪全体をアップにするのではなく“ハーフアップ”がおすすめ。ハーフアップとは、下の髪の毛を程よく残して半分だけヘアアレンジをすること。これなら髪の短い方でも簡単にアレンジをすることができます。

出典: GATTA(ガッタ)

ハーフアップは、残った髪の毛とヘアアレンジの比率が1:1になるのが理想です。コテやアイロンでバランスよく巻いておけばよりかわいい印象になります。

「後れ毛」を多めにとろう

髪が短い場合は、全ての髪の毛をまとめてしまうとボリュームがなかなか出ません。そこで活躍するのが“後れ毛”です。

後れ毛は、顔周りの髪の毛を少量残しておくことによって全体的にボリュームを出すことができます。なおかつ小顔に見せる効果も期待できるのでおすすめ。

さらにコテやアイロンで“縦巻き”や“波ウェーブ”を髪につけることによって、ボリューム感やかわいらしさをさらに引き出すことができますよ。

ヘア飾りは「大きめの物」をチョイス

出典: GATTA(ガッタ)

ヘア飾りは、大きめの物をチョイスするのがおすすめです。大きめのヘア飾りをつけることによってヘアアレンジ自体をさらにボリューム感のあるスタイルにすることができます。

また、短い髪をヘアアレンジすると、長い髪をアレンジする場合に比べるとピンやゴムが見えやすくなってしまいます。大きめのヘア飾りであれば、そのピンやゴムを覆い隠すことができるので一石二鳥です。

 

ミディアム~ロング

大人っぽく品のある印象に見せるダウンシニヨン

出典: GATTA(ガッタ)

(1)まずはハーフアップをするときのように髪を上下に分けましょう。頭の最も出っ張った部分からうなじの辺りにかけて、楕円形(だえんけい)を描くように髪を取ると良いですよ。髪を分けたら、上の髪束をゴムで縛ります。

(2)右サイドの毛束を取り、ねじりながら片編み込みをします。(1)の結び目に向かって編み込みをしていきましょう。左サイドも同じくねじりながら片編み込みをし、双方をゴムで縛ります。結んだ毛先を“くるりんぱ”して馴染ませます。

(3)襟足のあたりに残っている髪の毛を左右に分け、それぞれねじりながら真ん中で一つににします。(2)で結んだゴムの少し下あたりで結びましょう。そして、こちらも毛束を“くるりんぱ”しておきましょう。

(4)残った毛先を1つにして、三つ編みにします。毛先をゴムで縛りましょう。

(5)毛先を、(3)でつくったくるりんぱの中に入れてピンで固定します。毛先をくるりんぱの中に入れ込み、外から見えないようにするとよいでしょう。

(6)全体を程よく崩したら完成です。お好みで髪飾りをつけくださいね。

初心者でも上級者風に仕上がる「巻き髪ハーフアップ」

出典: GATTA(ガッタ)

(1)全体の髪の毛をリバース巻き(後巻き)にします。華やかに見せたいときは、フォワード巻き(前巻き)よりもリバース巻きの方が立体的にカールを作ることができるので、覚えておくと他のセルフアレンジでも役に立ちますよ。

(2)トップから後頭部にかけての髪をブロッキングし、ヘアピンもしくはヘアゴムで留めておきます。できればこの部分を編み込みにしておくと、より華やかさを出せます。

(3)サイドの髪をねじり、片編み込みをします。反対サイドの髪も同様に片編み込みをしたらヘアゴムで縛り“くるりんぱ”をします。

(4)全体を程よく崩したら、もう一度下側の髪にリバース巻きをかけ、細かく巻き直します。終わったら、全体を見て巻き残しがないかを確認し、完成です。

スッキリお団子アレンジ

出典: GATTA(ガッタ)

(1)アイロンやコテで、全体を軽くミックス巻きしておきます。

(2)両側の耳より前で髪を分けとり、後ろを結びます。このとき毛先を抜ききらず輪の状態にします。

(3)結び目を抑えながらトップと輪の部分を、少しずつ引き出し質感をゆるめます。

(4)顔まわりに残っている片側の毛束をねじり、指で少しずつ引き出して質感をゆるめます。

(5)ねじった毛束を後ろにもっていき、(2)の結び目に巻きつけてアメピンでとめます。

(6)もう片側も同様にしてまとめます。

動画でもチェック!

自分でできるギブソンタック風ヘア

出典: GATTA(ガッタ)

ゴム2本とアメピンとUピンを数本用意してください。

(1)全体を26mmくらいの細めのアイロンでミックス巻きをします。

(2)トップを軽くねじりアメピンでタテにとめます。

(3)顔まわりの両側の毛をねじりながら後ろで結びます。

(4)耳後ろの毛を後ろで結びくるりんぱしましょう。

(5)残った襟足の毛を少量ずつ(4)でできた隙間に入れてUピンでとめ、ギブソンタックをつくります。

動画でもチェック!

ポイントは、トップ、ねじり部分、ギブソンタックを少量ずつ引きだして質感をゆるめることです。

 

どれも自分でできるものばかり! ぜひ結婚式やパーティなどの機会に挑戦してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ