TOP ビューティー 夏はリキッドファンデじゃダメ!? プロ直伝「NGベースメイク&正解」3つ

夏はリキッドファンデじゃダメ!? プロ直伝「NGベースメイク&正解」3つ

2019.07.07

いつも通りのメイクでも、夏になるとなぜか崩れやすさを感じることがあります。実は、そのいつものベースメイクは、夏には避けるべき“NGベースメイク”になっている可能性も。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の杉本由美さんが、夏のNGベースメイクと正解ベースメイクをご紹介します。メイク崩れを防ぐために、ぜひチェックしてください!

NG1:保水が不十分なスキンケア

ベースメイクは、その前の“スキンケア”から始まっています。

汗などでメイクが崩れやすい夏。保水が不十分なスキンケアだと、皮脂分泌を盛んにしてしまう恐れも。お肌の水分が不足していると、うるおいを補おうとして皮脂分泌が盛んになる可能性があるのです。

正解スキンケア

出典: GATTA(ガッタ)

洗顔で肌を清潔にしたあと、化粧水で肌にしっかりうるおいを与えましょう。

一度ではなく数回重ねづけをし、クリームでサッとフタをします。このときクリームは少量で薄づきにするのがコツ。

NG2:リキッドファンデーションを使う

出典: New Africa / Shutterstock

ツヤ肌好きの方は、リキッドファンデーションを使用していることが多いのではないでしょうか。

しかし、リキッドタイプはほかのファンデーションのタイプに比べて、油分が多く含まれているといわれています。そのため、比較的、夏には不向きなタイプなのです。

正解セレクト

理想的な組み合わせは、保湿効果の高い下地とパウダータイプのファンデーション。皮脂分泌をおさえてくれるタイプなら、さらにいいでしょう。

ベタつかないサラッとした肌に仕上げるのが、夏にふさわしいベースメイクです。

NG3:重ねづけしたポイントメイク

一般的にメイクアップアイテムには油分が含まれているため、皮脂をおさえたいときはポイントメイクも最小限にするのがおすすめ。チークやハイライトもつけ過ぎてしまうと、テカりにつながる恐れがあり、夏には注意したいところ。

正解メイク

出典: GATTA(ガッタ)

たとえばコントロールカラーで血色感を仕込み、ノーチークにしてみるのもひとつの手。

また、ハイライトは、こめかみや目頭などのくぼみにポイントとして置くようにしましょう。必要以上にメイクを重ねずナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

 

ポイントさえおさえれば、夏でも崩れ知らずのベースメイクがキープできますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【画像】

New Africa / Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ