TOP ビューティー 立ち仕事&デスクワークの後に!体が硬くてもできる簡単「柔軟ストレッチ」

立ち仕事&デスクワークの後に!体が硬くてもできる簡単「柔軟ストレッチ」

2019.06.20

「長時間同じ格好で身体がガチガチ」「立ちっぱなしで疲れた」……立ち仕事をしている人や、いつも同じ体勢で仕事をしている人にはよくあるお悩みですよね。そんな方におすすめしたいのが“柔軟ストレッチ”!  体の柔らかさを養うために、すぐに思いつくのは前屈や開脚など下半身を動かすもの。けれど、柔軟すべき部位は、下半身だけではないんです。

そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんが、腰やお腹周りの柔軟にぴったりな“ひねりのポーズ”をご紹介します。

腰周りは1日1回ほぐすべき部位

長時間同じ格好をしていたり、立ちっぱなしの姿勢でいたりした日は、体中がガチガチに固まってしまうことがありますよね。そんなときは伸びをしたり、腰を捻ったりする動作でストレッチをしたくなりませんか?

腰周りは、上半身と下半身をつなぐ土台です。この部分が固くなると、全身がスムーズに動かしにくくなり、腰痛、肩こり、姿勢の悪さ、ぽっこりお腹などの悩みが出てくる可能性も……。

腰周りは、1日のうちでも定期的にほぐしておくのが正解です。

座ってできる「ひねりのポーズ」

出典: GATTA(ガッタ)

(1)床に座った姿勢で始めます。椅子でも可能です。

(2)右脚を伸ばし、左ひざを立てたら、左足先を右脚の太ももかひざの外側へ置きます。椅子の場合は左脚を上にして、脚を組みましょう。

(3)両手を左ひざに置きます。

出典: GATTA(ガッタ)

(4)背骨を起こすようなイメージで伸ばし、姿勢を整えます。

(5)左手を前方へ伸ばし、息を吸います。

出典: GATTA(ガッタ)

(6)息を吐きながら背骨を上から下へ順番に、左方向へ捻ります。

出典: GATTA(ガッタ)

(7)左手を床に降ろしましょう。

(8)捻りを深めるときは、お腹ではなく、背骨をひねるようにして体の内側から深めましょう。5呼吸キープします。

(9)反対側も同様に行いましょう。

腰周りが硬いと、捻るときに上半身が斜めに倒れたり、片方のお尻が浮いたりしまうので注意してください。両方のお尻は床から離れず、上半身はまっすぐ上へと伸ばした姿勢を意識しましょう。

 

柔軟をすることは、体にいいことだらけ。ふとしたときにできる簡単なポーズなので、ぜひ日々の習慣にしてみてください!

Recommend あなたにおすすめ