TOP ビューティー 上司が乗ってきたらどうする?今さら聞けない「エレベーターの基本マナー」

上司が乗ってきたらどうする?今さら聞けない「エレベーターの基本マナー」

2018.09.26

普段何気なく使っているエレベーター。しかし、エレベーターときに覚えておきたいビジネスマナーがあることをご存知ですか?

周囲の人に何の気遣いもなくエレベーターに乗っていたら「失礼な人」と言われてしまうかもしれません……。

というわけで今回は、企業のマナー講師も務める筆者が“ビジネスシーンにおけるエレベーターのマナー”について解説しましょう。

 

乗る前:お見送りはどうすればいい?

取り引き先が来訪した際に気をつけたいのが、エレベーターまでのお見送りです。

この場合は相手がエレベーターに乗り込み、扉が閉まるまでお辞儀の姿勢を保つようにしましょう。このマナーはエレベーター以外のお見送りのシチュエーションにも応用することができ、相手からの印象も良くなるため、覚えておきたいところですね。

また、自分も同乗するときは、目上の人から乗るよう配慮するのがよいでしょう。

 

乗っている間:操作ボタンは目下の人が押す

出典: ZephyrMedia/Shutterstock

取引先や上司とエレベーターに乗ったときは、自分が操作ボタンを押すようにします。また、面識のない人が同乗する場合も、その人が降りる階を「何階ですか?」と聞くように心がけ、操作をするのがマナーとなります。

混雑時に目的の階数ボタンを押せない人にとっては大変有難い気遣いともいえるでしょう。

 

降りるとき:「お先に失礼します」の一言を

自分が降りる階ではなくても他に降りる人がいる場合は、開ボタンを押しっぱなしにし、目的の階で降りる人達を待つようにしましょうね。取引先や上司が降りるときはもちろん、そうでない人が降りるときも同様です。

エレベーターで上司や取り引き先の方と乗り合わせ、自分が他の階で降りる際には必ず「お先に失礼します」と言ってから降りるのがマナーになります。降りるときに開ボタンを押してもらったら、「ありがとうございます」とお礼を言うのも忘れずに。

 

新入社員はもちろんのこと、勤続年数が長い方々もぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考文献】
※ 『1分でわかる「ビジネスマナー」必携マスターBOOK』(石井洋子 監修) / 技術評論社
※ 『デキる!男のマナー事典―ビジネス&プライベート』(住友淑恵 監修)/西東社

【画像】
※ ZephyrMedia、gpointstudio/Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ