TOP ビューティー 下腹のハミ肉がターゲット!グーっと伸ばして整えるお家エクササイズ

下腹のハミ肉がターゲット!グーっと伸ばして整えるお家エクササイズ

2018.09.21

涼しくなってきました。暑くて避けていたデニムも楽しめる季節です。久しぶりに履いたデニムはどうでしたか? きつくなっていませんか?

特にデニムの上にのるお腹のハミ肉にショックを受けていませんか?

原因は姿勢の悪さからきているかもしれません。そこでヨガインストラクターである筆者が、下腹のハミ肉を伸ばして整えるポーズをご紹介します。

 

お腹、縮んでいませんか?

実は下腹のお肉は腹筋などではなかなか取れません。姿勢の悪さからくる内臓の位置の低下や、お腹の力がいつも緩んでいて動きが悪いために脂肪がつきやすくなっている場合もあります。

実際に、お腹をすっと真上に伸ばしてみると、下腹やその周りにぐるっと溜まったお肉が減ったように見えませんか?

けれども、お腹を伸ばし続けているのは疲れます。普段お腹周りや背中の筋力で姿勢を支えていなかった人には、10分あたりが限界。縮んで伸びにくくなった部分をしっかり伸ばしてあげましょう。

 

下腹から体側を伸ばすポーズ

(1)ひざ立ちの姿勢から、右足を前へ出してひざを曲げます。足の裏がしっかり床を捉えられる位置にしましょう。

(2)両腕はひじを抱えて頭上へ持ち上げます。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)息を吸ってお腹を伸ばします。

出典: GATTA(ガッタ)

(4)息を吐きながら、左の体側を伸ばします。腰骨の内側から、下腹、体側へと伸ばすように意識して、上半身を右へ倒していきましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(5)5呼吸程度キープします。

(6)上半身を起こして元の位置へ。

(7)再び倒して、3セット行いましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(8)反対側も同様に行います。

 

腰からウエスト辺りの固まりやすい部分が伸びると、とても気持ちがいいですよ! 終えた後に立つ姿勢や歩く感覚をチェックしたら、腰が伸びやすく歩きやすくなっていることに気づくかもしれません。

それほど縮みやすく固まりやすい部分。1日2回、まずは2週間続けてみましょう!

Recommend あなたにおすすめ