TOP グルメ 旧居留地にあるアウトドアブランド『Eddie Bauer(エディー・バウアー)』が閉店するみたい。12月をもって国内全店舗を閉鎖へ

旧居留地にあるアウトドアブランド『Eddie Bauer(エディー・バウアー)』が閉店するみたい。12月をもって国内全店舗を閉鎖へ

旧居留地にあるアウトドアブランド『Eddie Bauer(エディー・バウアー)』が12月をもって閉店されるそうです。

神戸市中央区江戸町103-1

東を向くと「東遊園地」があるあたりです。同じ並びには、アウトドア・スポーツ用品店「パタゴニア」や「ファミリーマート 旧居留地東店」があります。

西を向くと、大丸のほう。同じ並びには「日本銀行 神戸支店」や「ルイ・ヴィトン 神戸 メゾン」があります。

『Eddie Bauer(エディー・バウアー)』は、衣料品・シューズなどを販売する、アメリカ発の老舗アウトドアブランド。

ホームページによると、12月をもって、国内にある店舗やオンラインサイトを、すべて閉店する予定とのことです。

居留地にある「神戸元町店」では、閉店セールが行われていて、アウターをはじめ、バッグ・ベルト・スカーフなどが大幅に値引きして販売されてました。

「完全閉店セール」は、店舗のほか、オンラインショップでも行われてます。暖かそうなダウンやコートもセール対象となってますので、この機会にどうぞ。

◆関連リンク
・エディー・バウアー - 公式オンラインストア

Recommend あなたにおすすめ